読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年に放置してたこと

CONCERT SZ MURMUR

どうしても年明けた実感がなくて、年明けてからもいつも通りの24時間ももう3回目を過ぎようとしていることにめちゃくちゃ違和感があります。というわけで、2016年に放置してきてしまった現場のダイジェスト的感想とか、諸々まとめです。


■ラキセコン

バナナペンラを振ってからもう一年経つんですね……。おそらく、ジャニオタ人生で一番お席に恵まれた回でした。それはさておきWESTの底力を感じたし、関西というホームがあることの羨ましさも感じた。福井くんとジパングおおきに大作戦のあの瞬間のことは忘れないよ! きっと戻ってくるって信じているけど、あの日うちわを振れたこと、本当によかったと思います。楽しかったしかなかった現場でした。

■セクゾンファンミ

有難いことに、4年間過ごした京都という地で開催されたものと、風磨君お誕生日前日だった札幌と二か所にお邪魔することが出来ました。5人体制に戻って(?)(あまりこの言い方はしたくないなやっぱり)から初めて5人を見られる機会で、それぞれに成長して、話す内容もオトナになっていたのが印象的でした。オタク側に対しても、「みんな大人になったね~」って言ってくれたのも新鮮でうれしかったな。札幌には初めて一人で飛んで行って、観光も満喫したしいろんな方ともお話できて、今までで一番充実した現場だったかもしれません。リアルアザラシも触りに行ったよ!

■WSZツアー

何と言ってもやっぱりイジゴが好きでした!! 初日、円形ステージの上の彼らや「ここからSexy Zone」でセクゾン(曲)の振りをやってる彼らを見ていた瞬間が一番泣けました。振り返ったら、このツアーあんまり入ってなかったですね。だから実感がないのかも。やっとこのメンバーでいろんな組み合わせを出せるようになって、しんどい、と思う瞬間が無く、ずっとふわふわした多幸感に包まれていた現場でした。その分、次回への希望というか、こんなのが見たい、こんなことやってほしい、なんて欲がでちゃうツアーとなりました。

■10Ks!

最終日、東京ドーム公演。語ろうとしても語ることができません、こればかりは。わかったことは、私は「KAT-TUN」というユニット自体が本当に本当に大好きだということ。東京ドームで叫ぶPeaceful daysがめちゃくちゃに楽しいということ。あの曲を、ドームできくのがずっとずっとゆめでした。その実現が、こんな機会になるとは思ってなかったけど。強くてカッコよくて、いろんな世界を教えてくれたKAT-TUNの復活を今年も待つとしましょう。

■カルテット(NEWS)

まさかの、東京ドームで本物のオーケストラが見られるとは! 荘厳な現場ってあのことですね。そしてシリウスの近未来×宇宙みたいなテーマがしっくりときて、大好きでした。慶ちゃんソロは花道を進む花魁道中的な場面がめちゃくちゃに好きでした!! あれはもう寿嶺二だ……。もう一回どこかでみたかったなあ。

■サマパラ

前回、いつかこの夏はあの夏になるとずっと言っていましたが、風isのことをあの夏、なんて言う余裕もないほど今回も更新してくれるコンサートでした。願わくば初日直前のドキドキの瞬間に、らびんゆーからのアイナルで腰が抜けた瞬間に戻りたいです。私の中で勝手に大事になってる曲を、ピンポイントでセレクトしてくるんだから怖い……笑 Twitterにも書きましたが、風isは周囲360度から大きな愛を与えられる風磨君でしたが、風areは与える風磨君だったなと思います。愛を知っているから愛すことができる。人づきあいが上手というか、生きる中で、何が大事なのか、何が必要なのかを無意識に知っているんだなあと思います。男前でした。2016の夏も、私の好きな男は男前でした。

○番外編……突然堕ちた二次元現場

■エデロ新入生ハイタッチ会

キンプリを初めて見たとき、展開に絶望しながらエンディングのドラマチックLOVEを聴いて泣きました。それからこっち、エーデルローズの新入生が本当に好きで……。ふんわりした気持ちで応募したら当たったエデロ新入生初めてのハイタッチ会にいってきました。じゅんたくんは強火レオ担だし畠中うるさいし八代くんはかわいい。五十嵐さんはイケメンで、永塚君はかわいくて、たそは丸かったです(うそ、ハイタッチのときの「イェーイ」が小声なのに良い声でちょっとヒッてなった)。この現場の直前直後を境に、唯一この現場にいなかったエデロ新入生の中の人にドはまりすることになるのですが、本当にいなくてよかった……。という二次元の初現場でした。

■オルフェンズ決起集会

感想を一言で述べると、室元気。
何はともあれ、室元気。
推しを初めて見る現場だったにもかかわらず、記憶に残った殆どの場面は推しが室元気さんの発言に爆笑しているところでした。
あと、全然喋らない梅原裕一郎

■そりくべ祭

いや、本当にSolidS好きですね……。アイドルとしてのSolidSが好きだと思いました。ラスト一曲歌う前の「あれ?俺ら歌ってなくね?」からの「みんな立っちゃいなよ!!」がめちゃくちゃアイドルで、あれは間違いなくアイドル現場でした。前日のオルフェンズ決起集会に3/4人はいらしたんですが、そのまま江口さんの家に行って飲んだくれているSolidS仲良過ぎて……。はあ。好き。アニメ化も本当に嬉しかったです。これからがますます楽しみなツキプロ後続ユニットです。

■バッテリーラストイニング

演技してるとこ可愛すぎてどうしようかと。小走りでぴょんぴょん走るのも、ぴょこって立つのも、界人くんと目を見合わせてるのも、びっくりの可愛さでした。自分のこと、「割と付和雷同な中学生だったので……」って言った時が最大瞬間風速って感じでした。はぁもう。。。。まあそれは置いておいて、たくさんの方の演技を生で観ることが出来て楽しかったです。

というわけで頑張りました2016年の現場ふわっと感想。
2017年は、何か新しいことがあるわけでもなく、何かに向かって行うべきことがあるわけでもなく、いよいよ自分で区切りを作りながら生きて行かなきゃいけないんだなって新年早々もやもやと考えています。
なので、ありきたりだけど個人的な今年の目標をば。

・忙しいを言い訳にしない
・写真を撮る
・締め切りを忘れない
・月に3冊以上読書をする
・売るものは売って、買うものは予約する
TOEIC的なサムシングを受ける
・アナリティクスの検定を受ける
・めんどくさがらない

何個達成できるかな。まだ何もわからない新しい一年を、楽しかったと実感できるものにするために励む日々を送れたらそれが何よりです。
本年も、何卒よろしくお願いいたします。