読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バタバタして春が

SZ MURMUR CONCERT

私の周りを春がバタバタして駆けていきます。バタバタしてました、それなり。
10日11日松竹・15日16日ハルカス観光・22日~24日東京へ18きっぷ・26日ツアー初日名古屋・29日30日ツアー大阪・6日優馬くんとハイファイブ。間に新しく始めたバイトの研修があったりなんやり。
桜ももう咲いたね。むせかえるほどいちめん薄い桜色。
間もなく散りそうだ。
早いものです。なんか新生活したいなー。

松竹は、ああ、始まるんだなあって印象が大きい現場でした。
なにわ侍見てないけど、話を聞く限りアンサーステージっぽいよね。
「おまえらの先輩たちはみんなの力で1つになってここを卒業していった」
このセリフを、文ちゃんに言わせたのは少し苛酷なのかもしれない。わからないけどね。
それからしょぉの、「それが俺の責任やから、背負った重さやから」っていうの。
一応劇中でもひとつのストーリーになってるけど、結局それは現実のデフォルメみたいなもので。
私平野くんが自担だったらすっごい気持ちになるだろうなあ。
耐えられない気がする。どれだけの重みを背負い始めるんだろうってなる。
世代交代ってこういうことなのか。
って、前日に初松竹の様子を確かめるべくエイトのエキサイトを見た後だったから余計に。
じわじわと浸透しすっかり世間に馴染んだエイトが、8人で立ってた場所。
それが、そのバックにいたBADの面々たちに受け継がれ、また受け継がれ孫世代。その真ん中に廉君と紫耀が立ってて二人を中心にストーリーが紡がれて。
気持ちはもう大ちゅんだよね。フレーフレー。大声で叫びたくなる。
私も応援団に入れてくれよって。ずっと。
始まりからぼんやりでも見続けた、大好きだったなにキンはない。
この状態から、また始まり、また続く。次は何年後だろうとか考えちゃう。
しかも、舞台の中でれんしょぉの関係を表すテーマソングが絆で。
これは来るよねー。だめだ。本当にこの曲が好きで嫌いで好きだ。
聴くとどうしても、その曲に最初に乗せられてた気持ちのことを思い出すから。
そしてそれがどういう今を迎えてるか知ってるから。
だめだめ、長々とおたくやるもんじゃないね。
だけど、そんな中で一番救われたセリフ、「先輩たちが歩んだ道だけがゴールじゃない」。
本当にその通りで、そういう道を行ってくれるのかよかったって、すごく。
わたしのなかで初めての松竹でありはじまりの松竹はそういうふうにまとまって終わりました。
えび座とかもそうだけど、こういう、自担が自分で自分たちの辿った/辿っている道を再現する・体現するってすごい気持ちになるんだろうなって思います。私はたぶん耐えられないな。もしそんなことあったら。何度も見て何度見ても泣く自信がある。何の自信だよw
そういうの、別に悪くはないと思うんだけど、私は、セクゾンをこう、見てて、今、去年のことを誰も暗く言わないのが、それぞれを伸ばしてた大事な時間だったみたいに言ってるのが本当にうれしくて、まだそういうしかない時期なのかもしれないけど、それでも嬉しくて、凄く賢い子たちだなと思います。
あれ?結局自ユニにデレちゃったw

で、ツアーがいよいよ始まりました!
いやー楽しい!ゾクゾクした名古屋初回。早く映像化してー!ってそればかり言ってる。
エンジン音がさぁ、もう、楽しいの!照明も。
本人たちのカッコよさはもちろんのこと、演出がとにかく楽しくて。見入るし魅入る。
ぶつかっちゃうよ~イフワナ~Ghostがやっぱり好きで。
私、前にGhostは5年後また見たいって言ったけど、撤回するわ!もちろん見たいんだけど、全然、今でも音源からかなりブラッシュアップされてる。勝利君のラップね。名古屋で勝利開きしてきたんで。勝利君自身もなんか開いてるし。Ghostの勝利には本当に射殺される。あの眼は。すごいねー変わったねえって一番思うんだよねえ。一部から勝利の変態と呼ばれて数日だけどこういう瞬間に立ち会えるってすごい楽しいね。と思いました。
きっと今回も、ファーストや、サマリーみたいに、海賊や、女王コンみたいに、あの、あのときのセクセカコンさぁ、って、何年たっても語り継ぎたいそれになるんだろうなぁって。それも楽しみだね。
またこんなに大変だとは思わなかったけどw
GWにまたお会いしましょう!です。


昨日は寒い中並んでゆうまくんとハイタッチしてきました!
接近戦ほんと弱いということも発覚しましたがゆうまくんは天使でした。
ゆうまくんがひたすらしゃべるディナーショーはよ。


さいきんの教訓は、知りすぎてもいいことはない。
それと、私の正義は誰かの正義ではない。正義感が強いというのは諸刃の剣である。ってことくらい。
自分のことでもあり反面教師でもあり。
理論ってライブやってたりするんだろうか。
行ってふわふわして酔って帰ってきたいそんな感じ。
最近ファンタジーばっかり読んでるからかな。
そういえばデウスの棄て子も読んだけど実写化するならマリしかいないなあと思いながら読みました。
天草四郎がハーフだったらの物語。

明日から新学期!2限に行くには何時に起きなきゃだっけ?みたいなところから始まります、がんばろうね、もう4年の折り返しだよ。