読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在るのか有るのか

MURMUR SZ

いくつかまだ書きたいことが残ってる。
手始めにユニットの話から。
ちょっとまとめておく。



(ジャニーズにおける)ユニットってなんなのだろうとちょっと考えるきっかけができたんだけど、ふと思い当たったことがあって。ユニットとは。これ、もしかしてヲタクにとってはかなり認識に差があるんじゃないかって。
簡単に分けると、ユニットを、箱、枠、概念として捉えるか、それとも、ユニットを生き物として捉えるかっていう違い。
メンバーがユニットという箱に入っているのか、メンバーが集まってユニットになるのか、みたいな感じかなあ。

どちらが正しいというわけではなく、語りに差が出るのもこの影響が大きいんじゃないかなと。

例えば自ユニ、Sexy Zone、に対するわたし。
セクゾンそのものは、つまり箱はそもそも大好きなんだよ。大事にしたい。守りたい場所。
だから、箱として捉えるなら、セクゾン大好きと幾らでも言える。
ただ、あなたは今のセクゾンが好きですか?と問われるとむむむ~と返答に困ってしまう。
「今の」ということは「前」とは変化があるもの。生き物的な捉え方。
この立場を取ったとき、「今」の「ユニット」が好きですか?大事にしたいですか?という問いに素直にハイとは言えない。様々な格差、ソロ仕事のオンパレード、Jr.と境の無さなどなど。
あくまでも、個々人に問題があるとは思わないけれど、文句も不信感も事務所宛のものだけど、いまユニ担になれと言われると正直難しい。メンバーひとりひとりは大好きなのに。大事なのに。
私は基本的に生き物が好きだからどちらかといえば後者の立ち場を取って生きてる感はある。
前述の通りどちらが正しいとか無いと思うんですよ。
感覚など諸々による個人差。統一するのも難しいだろうな。

今の私みたいに、ユニット、というものを愛しきれないのも楽しくないし、箱ばかり大事にして気づいたときには中身がなかったって展開も避けたい。

セクゾンが最強におもしろいコンテンツだった、最新が最高と迷わずに言えたあの頃は何処へ行った。