読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人はもっと正当な理由で死ぬべきだ?

キフシャムいってきたーよ。
純粋に宮田担のみなさんと宮田くんが羨ましくて羨ましくて仕方なかった。あんな温かい心で温かい空気に包まれて最後を見守ってもらえる宮田くんほんとにいいねえって。あそこに居させていただけただけで幸せになれました。ありがとうございました。宮田くんめっちゃ大きな愛で包まれてるんだね。いつまでも鳴り止まない拍手のなか*1で感じました。
泣いている宮田くんの時間をもっと共有していたらなにか違ったのかもしれないなーなんて思いもありつつ。座長って羨ましい、いつかああやって自分が一番好きな子にも真ん中に立って欲しいなんて思いました。私も紫を身につけて泣きながらアンケート書きたい。
そして私はタイトルにしたセリフが気になって朝も起きれません。
なんかいいところでどーーーしてもお手洗いに行きたくなっちゃってガンダッシュしたけどうーん、間に合ったのやら間に合わなかったのやら。大事なことを聞き逃したきがするんです。二回は見たかったな。



6月23日でした。しめちゃんの誕生日らしい。深緑色だな、と思った今日は朝おきたらまさかのじんくんの復帰ニュースが飛び込んできて信じられなくてほわほわした。今も信じられないくらい。というか、めっちゃめっちゃ嬉しいんだけど、嬉しいはずなんだけど、どっかぽわっとしてるんだよね。私がジャニヲタであるという任務が遂行された、みたいな。ちょっとよくわからないね。私もわかんないです。次は何だろ、って気にしたい気持ちがあるんだけど、よっしゃ終わったーみたいな。何が終わったのか。待つ期間か、それとも。


コンビニで日刊買って大阪いって大阪でふうまくんのお写真をしこたま買い込んでキフシャムのパンフをカバンに詰めたら、おもちゃ箱みたいに好きなものがぽんぽん入ってる魔法のようなカバンになってどれから取り出そうかなって思案しているところです。

*1:鴻上さんが最後に「引き際が大事ですよ」って言いに出てきたくらい